重要事項説明の説明

重要事項説明書とは、物件の売買契約をする前に、どんな物件をどんな条件で購入するのかを説明する書類です。

誰が、誰に対して説明を行うのか

不動産会社が買主様に対して説明を行います。
法律上、売主様は関係無いのですが、最近は同席していただくケースが多い

売買契約書とは違います

売買契約書は、売主様と買主様が取り交す書類 個人間で契約を合意する為のもの
重要事項説明書は、不動産会社が買主様がどのような物件を購入するかをご理解いただく為の書類

書いている内容は (宅建業法で決まっています)

1、売主・買主と仲介会社の詳細、取引の態様

売主様、買主様、仲介会社の社名や住所・電話番号、免許番号、説明をする宅地建物取引士の登録番号、

供託金の供託場所などが書いています。

2、不動産の表示(建物、土地)物件の権利関係

登記簿謄本の内容を転記します、登記簿面積、所在地、築年、面積などなど

3,対象となる宅地又は建物に直接関係する事項

登記簿謄本に記載された内容が内、権利関係の内容が書いています。

登記名義人の住所や名前、差し押さえの内容、抵当権や賃借権など権利の移動や変更の履歴が書かれています。

4、都市計画や建築基準法、ライフラインなどに関する説明

建物を建築するときの規制や、ガス・上下水道の利用状況などが記載されています。

マンションなら、

共用部分に関すること、専用部分の用途、管理費・修繕積立金の月額、積立額、滞納状況、管理の委託先、修繕の実施状況(建物全体とお部屋修繕)

また、管理費・修繕積立金の値上げの予定があれば、ここに書いています。

4、契約内容に関すること

売買金額、手付金の額、引渡日、住宅ローンの特約期限、固定資産税の日割り清算金

5、その他の項目・特約事項

購入する物件の契約にだけ発生する、特別内容(イレギュラーな事)の説明。

気を付けるポイントは、

どなたでも重要な部分は、上の番号の中では 1.2.4.5

1、ここは基本的なこと、買主様・売主様のお名前、仲介会社の社名を確認して下さい。

2,登記簿に記載さてている、所有者・登記面積・抵当権の状況などを確認

4、住宅ローンをご利用の方は、申し込み銀行、金利、返済年数、保証料

住宅ローンの申込金額ローン特約による白紙解約日などが記載されていますので間違いがないかを確認して下さい。

5、ここが一番重要です、絶対に注意して下さい

物件に関することでイレギュラーな事、

例)雨漏り、建物の傾き、自殺や事件があった場合の内容、固定資産税や管理費・修繕積立金の滞納が有る物件の場合は、その精算方法が記載されています。

などなど、重要事項説明の一番最後のページですが、聞き漏らすこと無く解らないことがあれば、絶対に質問して下さい。

物件別に注意したいところは

新築戸建てや建て替え用地を購入の方が注意したいところ

前面道路の幅が書いている、3も重要です。

これは、物件を決める段階で、チェックしているはずですが、物件のご見学時の説明が違っていないかは、キチンと確認下さい。

中古マンションの方が注意したいところ

建築の際や建て替えの時に関わるとなので、現状、建っているので違法建築物件以外は気にしなくても良いです。

トラブルにならないためには

事前にコピーをもらうか、 契約の前日以前に説明をしてもらって下さい。

ほとんどの場合、重要事項説明と売買契約書の読み合わせは同日に読み合わせをしますが、買主様がご希望すれば、前日や別日に前もって読み合わせをしてもかまいません。

時々、大手不動産会社が仲介の場合で、会社の稟議が出ないとお見せ出来ないと言われることがありますが、稟議が出る前の内容でも構わないので、完成体に近いものを事前に見せてもらうことは、できるはずなので、気になる方は、その旨をおっしゃってください。(見せれないはずはないです)

阿倍野区の不動産会社Bloom㈱ホームページはこちら

阿倍野区専門の不動産会社Bloom㈱のホームページです。
阿倍野区の不動産情報を毎日更新していますので、
阿倍野区で不動産のご購入やご売却をお考えの方は、
ぜひ一度、当社ホームページをごらんください。