お引き渡し前の、ごあいさつ

今日も天気が悪かったのですが

7月にご契約いただきました中古マンションの引き渡し日が近付いてきましたので

引き渡し物件の管理人さんの所へ、ご挨拶に行って参りました。

買主様に事前に、引き渡し日までに私が管理人さんのところへ、

ご挨拶へうかがうことはご了解もらってますので

管理人さんへは、お引き渡しのご予定と、お引越しのご予定日

そして、今回の買主様は入居前にリフォームをされるので

その、届出関係や手続きなどの打ち合わせをしてきました。

 

この、引き渡し前の管理人さんへの訪問って

勤めている時、仲介会社が行かんでいいと言われてたんですが、

でも、私、昔からず〜と行ってまいた。

 

こうやって、引き渡し前に管理人さんに仲介会社が一言

お引越し日やリフォームの件などをお伝えしておけば、

買主様が管理人さんの所にご挨拶に行かれた時に、お話しがスムーズに進みますので

必ず行くようにしているんです。

 

私の個人的な考えなんですが、不動産の仲介会社の営業マンの存在価値って

会社からすれば、当然、物件の案内や契約することが存在価値なんですが

お客様からすれば、それ以外にも、こうした事前の根回し的な仕事

いわゆる、取引の際に登場する色々な人たちの潤滑油的な役割になる存在だと思うんですよね

 

無事に、管理人さんへの事前のご挨拶との打ち合わせも終わりましたので、

後は、決済を完了すれば、今回のお取引は完了です。

最後まで、気を抜かずに頑張ります。

 

 

阿倍野区の不動産会社Bloom㈱ホームページはこちら

阿倍野区専門の不動産会社Bloom㈱のホームページです。
阿倍野区の不動産情報を毎日更新していますので、
阿倍野区で不動産のご購入やご売却をお考えの方は、
ぜひ一度、当社ホームページをごらんください。