住宅ローン、無理なく返済できる金額の計算

住宅ローン、よく考えずに無理な住宅ローンを組んでしまうと、毎月の返済厳しくて苦労することになり、最悪の場合、ローンを返せなくなり家を手放す事になれば、家族が大変な事になります。

そんな事が無いように、無理なく返済できる金額を頭に入れて、お家をさがしましょう。

家賃と同額で考えて見よう。

では、実際に計算してみましょう・・・

10万円の家賃と同額で返済できる借入金額?

=========基になる返済金額===========
1,000万円を金利2%で借りた場合

35・30・25年返済の月額の返済額

35年返済の場合:33,126円

30年返済の場合:36,961円

25年返済の場合:42,385円
==============================

家賃10万円の方が、同額で35年返済で借りれる金額

現在の家賃の100,000円を上の数字の

35年返済の月額33,126円割ります。

===(計算式)====================
100,000÷33,126=3.01

この答え3.01を1,000万円に掛けます

1,000万円×3.01=3,010万円

=============================

(家賃10万円の方は)
35年返済たど約3,000万円

借入に押さえれば今の家賃と毎月の負担は

変わらない計算になります。

また、実際に住宅ローンを借りる場合は、金利がもう少し安いので毎月の負担額は、もう少し低くなると思います。

ただし、不動産を買った場合、固定資産税やマンションなら管理費・修繕積立金駐車場台など、ランニングコストが必要となってきますので、その費用も考えて無理のない借入金額を決めてください。

欲しい物件が毎月の資金計画を超える場合

この場合、毎月返済は無理のない金額にして、ボーナス払い使うか、自己資金を貯めてください。

奥様の収入を入れて、世帯年収を大きくして計算して計画を建てないで下さい。

無理のない返済金額の目安は、今の家賃ベースです。

無理のない返済額は、今の家賃ベースに考えれば払えるかどうか判断できます。

月々支払いベースで借入額を算出して資金が足りない場合、ボーナス払いをご利用されるか、手堅く行こうと考える方は、時間をかけて自己資金を貯めてください。

無理のない返済額でお家を買ってしまえば、こっちのもの・・・買ったお家に住み続けているだけで、ローンが完済できて、

気がつけば、ご自身のものとなっています。

くれぐれも・・・・(注意)

”欲しい時が買い時です” の営業トークに乗せられてよく考えずに無理な住宅ローンを組んで、その後ローンが払えず、買ったお家を手放すのは辛いです。

あせる事はありません、自己資金をじっくり貯めて準備していてください。

今、目の前に有る物件、売れてしまっても、また、次に良い物件は出てきますので・・・

お家を探す前に、住宅ローンのご相談をご希望の方は、メールでもお電話でも、ご来店でも、お気軽にどうぞ。

 

関連記事【変動金利のご説明】

変動金利のご説明

阿倍野区の不動産会社Bloom㈱ホームページはこちら

阿倍野区専門の不動産会社Bloom㈱のホームページです。
阿倍野区の不動産情報を毎日更新していますので、
阿倍野区で不動産のご購入やご売却をお考えの方は、
ぜひ一度、当社ホームページをごらんください。