土地や中古住宅の境界は絶対確認してください。

土地や中古住宅をご購入をご検討の方、
境界線は、よく確認してからご契約してください〜

境界とは・・・ 

自分の土地とお隣さんとの境界線のことです・・・

こんなんです

こんなんです

めちゃくちゃ大切なポイントなんです

なので、最近は不動産取引では、売主側で測量して

図面を作成してから引き渡すようになってます。(原則ですが・・・)

そのことは、不動産を契約するときの重要事項説明書や

売買契約書にも書いてありす。

作成する図面は次の3つのうちどれかになります。

1、確定測量図

土地家屋調査士が測量をして、全ての隣地の方が立会いをし、

現地に境界ポイント入れ、測量図面作成し、全員の承認のサインと

印鑑を押した書類がセットになったものです。

当然、隣地所有者の方にもお渡しますので、

全員、境界ポイントについては同じ認識になります。

2、現況測量図

こちらは、対象となる土地に現状残っているポイントや目印、ブロック塀、柱など目印になるものをもとに測量して作成ものです。

また、隣地の方にヒアリングをしたり、過去の資料を探して、それを手がかりにして家屋調査士が図面を作成しますので、一応、ご協力をいただいた隣地の方には、境界線やポイントは認識してはいただけます。

完成した図面の面積やポイントが絶対にそこだ確定かと言われれば、現状は正しいとしか言えませんが、隣地の方がその書類を、次の所有者の方に引き継いでいただければ、一応、大丈夫かな・・・

3、地籍測量図

地積測量図とは、分筆や地積更正などの土地の表示に関する登記を申請する際に添付する図面で、法務局に保管されてす。

法務局に保管されていた場合でも微妙で、あっても図面が古ければ測量し直しです。ないい場合も多いです。

やっぱり、確定測量図を作成して引渡しもらうのが一番いいのです。

ここまでやれば、将来、隣地所有者が変わった場合でもトラブルになることがないので、ここまでしてあれば、

まず、大丈夫、安心してください。

ただ、費用や時間的に問題で、そこまで出来ない場合があります、その場合は、現況測量図面は作成して引き渡してもらってください。

そうすれば、最低、作成時に確認が取れたS隣地の方とは境界で揉める可能性はありません。

どうしても、図面作成や境界立会いが無理な場合

その場合は、出来無いのかの理由を不動産会社に良く聞いてください。

もし、納得いく答えが無い場合は購入を見送っても良いのかもしれません。

やっと見つけた物件、早く手に入れたいお気持ちは解りますが、最後の最後、最低限必要な確認事は絶対に外さないでください。

これぐれもご注意頂きたいのですが

時々、不動産会社が売主さんから近隣方とは過去に問題も、トラブルも無いと聞いていますので、測量図の作成や境界の立会いを無しでも大丈夫ですので、公簿取引で契約にしても問題ないです、見たいな事言ってくる場合が有りますが・・・

そんな不動産会社の営業トークに引っかかってはイケマセン、絶対に境界の事は曖昧にせづにしっかりと確認してから契約するようにしてください。

阿倍野区専門の不動産会社 Bloom㈱ 代表の千崎でした。

阿倍野区の不動産会社Bloom㈱ホームページはこちら

阿倍野区専門の不動産会社Bloom㈱のホームページです。
阿倍野区の不動産情報を毎日更新していますので、
阿倍野区で不動産のご購入やご売却をお考えの方は、
ぜひ一度、当社ホームページをごらんください。